2019年03月21日

劇場版3部作『コードギアス 反逆のルルーシュ 興道・叛道・皇道』鑑賞して、ようやく作品の魅力が人気の理由がわかった気がする!

【記事#15】

土門Q太郎です。

今回は、Amazonプライムで配信されている映画『コードギアス 反逆のルルーシュ 興道・叛道・皇道』3部作を鑑賞したので、感想などを書いてみようと思います。

自分も面白いとは、噂に聞いていたが、アニメ放送を全話観る気力や時間が無かった一人でした。

そんな感じで事前情報も入れずに、映画3部作を観ましたよ!


……




結果、TV放送当時に観なくて良かったと思えるくらい、見応えのある作品であり、面白かった!
TV放送時に観ていたら、間違いなくハマっていたと思う。

CLAMP先生達のキャラクターのデザイン画は、あまり、好きとは言えませんでしたが本作品で好きになりました!
※KBSラジオは、好きで聴いていましたよ


ズルいよー!少年漫画のような熱き展開とGUNDAMのような政治的展開に胸熱!(※発想力や言語力の無い自分が憎い)

ルルーシュが人を操れる能力を手にしたことにより、物語は大きく動き出す!

スザクの立場もいいねー!この要素は、とても大事!

若本規夫さんの世界観がグラつくレベルのノリノリの過剰なセリフ回しも良い!

ルルーシュ役の福山潤さんの声の切り替わる質感もとても良い!

ロボットバトルアクションもガンダム00っぽい感じたけど、いちいち演出が憎い!生徒会長のあのシーン!

ゴア描写ほどではないけど、あの殺戮シーンもかなり衝撃的だった。TV放送したのだろうか?

ネタバレになるので、書けないのが悔しい!


◾️まーここまで、言葉を羅列してみたけど、気になった点も当然ある。

仕方無いのだけど、TV版を劇場版として編集しているのだから、ストーリー展開が飛び飛びとなっていて、「え?敵だったこの人、味方になったの?」なんてシーンが多々あった。
しかし、見せ場はしっかり描かれていると思うので、物語には集中して観ることはできた。


ルルーシュとスザクの話として、胸熱展開が多いだけで、本作品は、ご馳走となる。

ただ、ヒロイン的存在の学校での同級生に関しては、TV放送版ではシッカリ描かれているんだろうか?と気になったりもした。


今現在では、復活のルルーシュも楽しみである!


ってなワケで本日の雑記は以上でございます。

それでは、したっけ!



コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)



妻に恋する66の方法(5) (イブニングKC)




フルアヘッド!ココ ゼルヴァンス(5) (少年チャンピオン・コミックス)

posted by カナルな人々 at 12:00| 北海道 ☔| Comment(0) | 映画の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: